無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    術後7年半後のマンモグラフィ再検査に、ひっかかってしまいました!!
    0
      今年6月にマンモグラフィ検査と腹部超音波検査にひっかかり、今月、半年ぶりに再検査を受けました。
      結果は、またひっかかってしまいました。(涙)

      腹部超音波でひっかかった部位は肝臓で、しこりがあったのですが、特に問題ないとの結果でほっとしました。でもマンモグラフィ検査にひっかかりました。
      手術していない側(右側)に見つかった数か所の石灰化が、急増していたのです。
      画像を見せてもらったところ、半年前は、ポツンポツンと数か所にあっただけなのに、今度は、星雲のようにいっぱいになっていました。
      結果を聞く前は、「ひっからなければいいなあ。石灰化があったとしても増えてなければいいなあ、全部消えていてくれたら、もっといいなあ」と期待していたのですが、大外れ。こんなに半年で増えるなんて……。ショックです。

      「まだ癌と決まったわけではない」との主治医の言葉に少し安心しつつ、マンモトーム生検を受けました。結果は一週間後です。

      マンモトーム生検の覚え書き

      マンモグラフィの結果をもとに、主治医がマジックでマークをつけてくださり、超音波検査で再確認しました。
      この超音波検査で確認が取れない場合は、マンモグラフィをしながら生検をする特別な検査となるとのことでしたが、
      確認できたようで超音波検査プラスマンモトーム生検となりました。

      色のついた消毒液をぬってからまずは麻酔注射。注射はチクっとしましたが、耐えられる痛みです。
      そして、ビニールをかぶせた超音波の器具をあてながら、部位を確定し、ブスっと大きな針を刺します。
      このときには、すでに麻酔がきいているので、ほとんど痛くはありません。
      私は痛いのが苦手だし、針を見るのも怖いので、目をそらしていました。

      そして、何回か針を押すような動作をして、最後は、「ガッチャン」という大きな音がして終わりです。
      針を刺した場所に大き目の絆創膏を貼ってもらい、注意事項(その日はお風呂やシャワーはNG,お酒もNG等)を聞いて終わりです。

      1時間くらいしたら麻酔が切れてくるとのことで、痛みを感じたら、タオル等でくるんだ保冷材等で冷やしてくださいとのことでした。

      生検を受けるのは7年ぶりで、どんな痛みだったか忘れていたので、心配でしたが、麻酔注射の痛みだけだったので、大丈夫でした。ただ、検査の1時間後に少し痛みが来ました。でも、我慢できるようなじんわりした痛みでした。

      検査に痛みを感じる人もいるようですが、痛い場合は、薬?の量を増やしてもらえるらしく、そう伝えればOKとのことです。検査の痛みよりも、白黒はっきりしたほうがいいので、検査は受けてよかったです。
      でも、1週間後の検査結果まで、落ち着かない日々を過ごすことになります。
      あーあ。年末で忙しい時期だけど、ゆっくり休んで気分展開したいです。


      JUGEMテーマ:乳がん・乳癌・乳ガン
      | ハッピーキャロット | がん検診 | comments(0) | trackbacks(0) |
      術後七年目の検診結果
      0
        6月に、術後七年目の検診結果が出ました。残念ながらひっかかってしまいました。悲しい

        マンモグラフィー検診で手術していない側に石灰化が数か所見つかったのです。石灰化があると、乳がんの可能性があるので、半年後に再検診となりました。腹部超音波もひっかかり、こちらも半年後に再検診となりました。

        検診をクリアできず、がっかりして数日間はずいぶん落ち込みました。検診前は、ガンのことを考えない日のほうが多いくらいで、気持ちはガンからずいぶん遠ざかっていました。

        検診にひっかかり、ガンから逃げ切れていないかもという現実に引き戻されました。 「死」についても意識してしまいました。自分は後何年生きられるんだろう、と不安になりました。

        ただ、まだ再発や転移と決まったわけではないので、望みも持っています。
        それに、痛みもないので、自分のやりたいことが、まだまだたくさんできると思います。

        一度きりの人生に悔いのないように、人生で何をやりとげたいか、この機会によく考えてみたいと思います。



        おすすめ乳がん関連本リスト



        人気ブログランキングに参加しています。
        ↓ココをクリックして、このブログの人気投票にご協力お願いします。




        | ハッピーキャロット | がん検診 | comments(0) | trackbacks(0) |
        乳がん闘病1年目の検診の結果は
        0


          先週受けた1年目の検診の結果が出ました。
          骨シンチ、超音波、マンモグラフィー、血液、尿、CT等、すべての検査で異常なしでした。

          ただ、もともとあった良性の子宮筋腫が、約10cmと今までの2倍のサイズになっていることが
          わかったので、ホルモン療法で服用しているノルバデックスが別の薬に代わるかもしれないです。

          約1年で、せっかく慣れてきたのに、薬を代えるのは、ちょっと不安です。
          でも、検査が異常なしだったことを、まずはかみしめて、
          これからも、一歩一歩進んでいきたいと思っています。

          乳がん克服のためのブログを、訪問してくださっているみなさん、
          見守って下さって、ありがとうございます。乳がん患者の皆さん、
          これからも、スクラム組んで、一緒に闘病生活がんばっていきましょうね。かお

          おすすめ乳がん関連本リスト
          | ハッピーキャロット | がん検診 | comments(10) | trackbacks(0) |
          乳がん術後1年目の検診 CTや超音波検査
          0
            術後1年目の検査を終了しました。どんな検査だったか、メモしておきます。

            CT検査:所要時間は3−4分  確か、寝転んで息を2回くらい止めましたが、特に痛くも、つらくもなかったです。

            骨シンチ:全身20分 胸とお腹 7分+7分 頭部7分の合計41分でした。午前中に造影剤の注射をして、3時間後に、撮影。撮影中は、仰向けに寝た状態で、動いてはいけないので、緊張しました。機械が顔すれすれまで迫ってきて、ちょっと怖いので、目をつぶっていました。

            超音波(体表)と超音波(腹部):超音波検査は、痛くないのがいいですね。ゼリーをぬって、検査中は、何度も息をすったりはいたり。モニターも横目で先生と一緒に見ていました。

            乳房撮影検査:撮影検査がどんな検査なのか、わからなかったにぶい私。検査室に行ってはじめて、
            マンモグラフィーと気づきました。マンモグラフィーは痛いときいていましたが、昨年は、そんなに痛くなかったのです。でも、今年は、痛かった…。右側は大丈夫でしたが、手術を受けた左側は、やっぱり痛かった。検査の翌日まで、にぶい痛みが残ったほどでした。でも、必要な検査だから、仕方がないですよね。

            婦人科の為のMRI:子宮筋腫があるため、撮影しました。検査時間は15分位。検査中は、がったん、ごっとんと、工事現場のような音がしますが、ヘッドフォンで音楽をきかせてくれていたので、ましでした。一応耳栓を持っていたのですが、ヘッドフォンがあったので、不用でした。

            おすすめ乳がん関連本リスト




            | ハッピーキャロット | がん検診 | comments(8) | trackbacks(0) |
            乳がんと牛乳を参照して、骨シンチ検査の後に、コーラ
            0


              1年目の検診が終わりました。

              昨年の骨シンチグラフィー(以下骨シンチ)では、注射の後、病院から出て、歩いていたらふらふらしたのですが、今年は、大丈夫でした。撮影までの3時間、おとなしくしていたからか、2年目で身体が慣れたからか、よくわかりません。

              骨シンチの後は、コーラを飲むと造影剤を体外に出しやすいので良いという記載が、乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのかに確かあったと思うので、検査の後には、コーラを2本飲みました。でも、どのくらいコーラを飲めばいいのか、はっきりしたことがわからず、2本飲んだ後に、まだ足りない気がして、検査の日の夜、ファンタオレンジを飲みました。でも、飲み終わると、飲みすぎた気がしました。しょんぼり

              コーラを飲む理由は、コーラに含まれるリン酸が、骨シンチに使われたジホスホン酸テクネチウムを、はやく追い出してくれるからだそうです。

              念のため、コーラにリン酸が含まれているのか、日本コカコーラのサイトで調べてみました。でも、製品の原材料名のところに、「リン酸」という文字は見つかりません。それで、ネットで調べてみたところ、どうやら「コーラ」の原材料の「酸味料」が「リン酸」のようです。

              乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのかのプラント教授と同じく、ふだん炭酸飲料は飲まない私ですが、骨シンチの後は、炭酸で乾杯することにします。
              良い検査結果だといいなあ……。



              おすすめ乳がん関連本リスト




              | ハッピーキャロット | がん検診 | comments(0) | trackbacks(0) |
              乳がん1年目の検査 二日がかりの検査を受けます
              0


                2009年6月は、乳がん手術後1年目の検査を受けます。
                私が受ける検査は、

                CT検査
                骨シンチ
                超音波(体表)
                超音波(腹部)
                乳房撮影検査


                そして、婦人科のMRIです。

                全部検査するのに、丸二日かかります。

                この中で、ちょっとつらいのは骨シンチです。
                検査自体は、痛くないですが、
                朝10時に静脈注射を打って、午後1時の検査まで
                待っている間に、ぼーーっとして、ふらふらになるのです。

                1年前はそのことがわからずに、待ち時間に病院を出て、
                歩いているうちにふらふらして、大変でした。
                なので、今年は、3時間病院の中にいようと思います。
                午後に受ける腹部超音波のため、昼食は食べられないので、
                飲食店に行くわけにもいかず、ただ、ぼーっとしていないといけません。

                病院で3時間待つのって、けっこう大変そうですが、
                待ち時間の間に、CTやMRI検査を入れてくれているので、
                案外時間が早く経つのかも。そうだといいなあ。
                無事クリアーできるようにがんばります。

                おすすめ乳がん関連本リスト




                | ハッピーキャロット | がん検診 | comments(10) | trackbacks(0) |
                乳がん治療中 ドキドキの大腸内視鏡検査 無事クリアー 
                0

                  今日、大腸の内視鏡検査を受けました。

                  昨日は「サンケンクリン」という検査食でした。


                  朝食
                  朝食 白粥 みそ汁 ふりかけ

                  昼食
                  昼食 紅鮭粥 すいもの







                  夕食 ポタージュスープ(夕食時は、食事のせいで、力がぬけていて、写真を取る気力がないので写真なしです)

                  今朝9時から病院で、15分おきに、約2時間かけて、腸をきれいにする下剤、ニフレックを2リットル飲み、午後3時ごろに検査しました。

                  検査食の空腹に耐えられる?
                  下剤を2リットルも飲める?
                  内視鏡検査は痛くない?
                  大腸癌だったら、どうしよう?

                  と心配が渦巻いていましたが、大丈夫でした。

                  下剤は、「微妙な塩味でまずい」「おえっとなる」とネットで体験者の感想を見ましたが、ポカリスエットのような味で、おいしくないけど、まずくもなく、わりとラクに飲めました。計12回くらいトイレに行ったのは、大変でしたが、病気による下痢のような腹痛はないので、たえられました。

                  上手な先生で、点滴に麻酔も入れてもらえたので、検査は大した痛さじゃありませんでした。ただ、検査前に看護婦さんに打ってもらった点滴の針は、なかなかささらず、すごーく痛かった。検査中体を動かすので、抜けにくい針のさし方だったのですが、2度失敗し、3度目にやっと成功。検査より、点滴の針の方が痛かったかも。

                  検査は、下手な先生にあたった人が、「出産より痛い」「二度と受けたくない」「まるで拷問」等の感想をネットに多数書いていたので、心配でしたが、乳癌の術後麻酔が切れたときの激痛と比べたら、10分の1以下の痛みで、全然平気でした。

                  内視鏡が腸が曲がった部分を通るとき、ぐぐっと押されて、ちょっと苦しいかったけど、それもわずかな時間でした。先生から「ここだけ頑張って」とか「あと少し」と、絶妙なタイミングでの声がけもあり、検査も20分くらいで終わりました。

                  検査中も検査後も、ちゃんと意識があり、モニターで腸の中を見ていました。検査後は、麻酔がぬけるまでベッドに寝ていました。そして、30分もしたら、普通に歩いて、ジュースを買いに行けました。検査後には、おならが出るのがちょっと恥ずかしかったくらいで、腹痛は全然なかったです。

                  検査結果は異常なしで、ほっとして帰宅しました。

                  3月に、右腹の下が痛くなり、レントゲンで腸が少しはれていたので、大腸の精密検査を受けたのですが、何事もなくてよかったです。

                  「玄米をよくかんでいなかったから、腸がはれたのかも」と思い、玄米を食べ続けても大丈夫かどうか、先生にきいたところ、「玄米を食べても大丈夫」とのことでした。

                  病気にならない生き方では、アメリカの乳がん患者は、大腸の検査も受ける人が多いと書かれてあったので、今回検査を受けてよかったと思います。

                  ポリープが見つかれば、検査中に切除して、今日は、一泊入院の予定でしたが、ポリープもなく、検査中モニターで自分の腸の中を見ましたが、自分でいうのも変ですが、とってもきれいだったので、よかったです。

                  前日からの検査食と、今日の下剤で、腸の中は空っぽになって、宿便も取れたんじゃないかな。

                  今後も玄米食を続ける予定ですが、これからは、よくかむつもりです。







                  JUGEMテーマ:健康


                  | ハッピーキャロット | がん検診 | comments(0) | trackbacks(0) |