無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
性格とがんの関係
0
    がんが発症するのは性格に関係があると言う人がいますが、本当でしょうか。最近読んだがんで不安なあなたへ―心のケアの道しるべという本に、関連情報が載っていました。(p87〜) 1996年にオランダの研究者が6つの性格と乳がんリスクとの関連を5年間追跡調査したところ、感情を抑える性格傾向と乳がん発症に弱い関連があると報告しました。

    しかし、2008年に同グループが13年間追跡調査した結果、関連はないという結論が出たそうです。

    日本では、東北大のグループが宮城県在住の3万277人の日本人を7年間追跡調査したところ、性格傾向とがんの発症との関係は見いだせなかったとのことです。

    結論としては、性格傾向ががんの発症に関係するとは言えないとのことです。 この記述を読んで思ったのは、自分の性格のせいでがんが発症したのだと思わなくてよいということです。

    何も根拠やデータがなくても、主観的に決めつけたような意見を言う人がいますが、そんな意見は気にしないでおこうと思います。

    この本はいろいろ役立つことが書いてあるので、また何か役立つと思うことがあればこのブログで紹介していきます。



    おすすめ乳がん関連本リスト


    人気ブログランキングに参加しています。
    ↓ココをクリックして、このブログの人気投票にご協力お願いします。


    JUGEMテーマ:がん全般
    | ハッピーキャロット | がん 関連本 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      name:
      email:
      url:
      comments:
      Trackback
      http://nyuganblog.jugem.jp/trackback/149