無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    術後1日目 痛みがだいぶましに
    0
      JUGEMテーマ:健康

      朝起きたら、胸の激痛はおさまっていました。痛み止めはもう切れいてる時間なのに、ズキズキとした耐え切れない痛みがありません。ただ、ベッドに横たわる動作、寝ている状態から起き上がるときや、寝返りを打つときには、激痛が走ります。そこで、ベッドの両脇にある手すりを手術していない側の手である、右手で持ちながら動作すれば、痛みがましだと気づきました。

      時間をもてあまし、ベッドから下りて、椅子に腰掛けて新聞を読んでいたら、看護婦さんに「昨日手術したとは思えないほど、元気だね」と言われて、嬉しくなりました。
      朝食は、ベッドまで運んでもらえましたが、元気そうだからと、昼食からは、食堂へ行って食べることになりました。トイレにもふつうに歩いて行けるようになり、病院内も歩き回って、携帯使用可能エリアまで行って、メールをチェックしたり、談話室に行って、雑誌を読んだりできました。

      主治医の回診では、包帯を外し、手術を跡を確認して、「順調ですね」とにこにこしていたので、ほっとしました。その後、x線を撮りにいきました。

      手術した日には、酸素チューブに、点滴、そして胸の激痛と三重苦でしたが、手術の夜には点滴が取れ、術後一日目には、だいぶラクになりました。

      この日からリハビリ体操開始。リハビリ室で、ビデオをみながら、同じ日に手術をした人と一緒に、体操します。術側の左手を動かすのが恐かったのですが、この日は、左手は動かさず、右手だけの体操でした。1回約30分、1日3回(11AM、3PM、8Pm)は面倒ですが、リハビリ体操は、術後に腕が上がらなくなるのを防ぐためと、リンパ浮腫を防ぐためだそうです。私は、センチネルリンパを行い、リンパに転移が見られなかったため、リンパは4つしか取らなかったので、リンパ浮腫になる可能性は低いそうですが、可能性は0ではないようなので、がんばらないと。

      夜は、母と兄が見舞いに来てくれ、昨日は、痛くて声を出すのも辛かったため
      黙っていたと打ち明けると、それで黙っていたのかと納得。兄は、術後に
      先生から、取った癌を見ますかと言われ、恐かったけど、責任者として見届けなければと思って、おそるおそる見たという話をし、盛り上がりました。
      家族で楽しく話しができるなんて、昨日の激痛を思うと嘘のようです。
      でも、笑うと、傷が痛むので、笑わないようにするのが大変でした。

      ↓退院してから読んだ告知されたその日からはじめる私のがん養生ごはん
      この本には、お料理の美しい写真と、レシピが載っています。告知後、肉類をやめ、玄米菜食+魚を少し という食生活を始めた私にとって、とても実用的な本でした。






      | ハッピーキャロット | 乳癌闘病日記 | comments(0) | trackbacks(1) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://nyuganblog.jugem.jp/trackback/7
        2008/08/21 2:23 PM posted by: リンパ浮腫の症状や予防に良いマッサージ方法は?
        常に血行を良くするには?