無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    右乳房の全摘手術を受けました
    0
      3月初めに入院して、右乳房全摘手術を受けました。落ち着いたら、またこのブログを更新する予定です。

      おすすめ乳がん関連本リスト
      | ハッピーキャロット | 乳癌 入院 | comments(0) | trackbacks(0) |
      新たに乳がんが見つかりました
      0
        報告が遅くなりましたが、12月末に検査の結果が出て、術側と反対側の右胸に新たにがんが見つかりました。 2月末に入院して3月初めに手術をします。

        検査の結果が出るまで、心配な日々を過ごしてきました。結果が出たときは、確かにショックでしたが、 心の準備もしていたので、7年半前の初めての告知のときよりは、冷静にいられました。 入院することも考えて、告知の場に、スケジュール帳や、メモ帳も持ってきていました。 動転して、大切な話を聞きもらしたくなかったからです。

        ステージは0期の非浸潤癌で、早期発見とのことで、ひとまずほっとしています。 絶対に非浸潤かどうかは、手術をしてみないとわからないそうですが、良い結果を願います。

        ただし、広範囲に広がっているため、全摘だそうです。(涙) すごく残念ですが、胸よりも命を取ります。それに、数年前に再建手術が保険適用になったそうで、同時再建も可能なようです。再建された方の情報や再建についての情報も集めていきたいです。

        2月は入院準備、仕事との時間調節、情報集め等忙しくなりそうですが、頑張ります。

        おすすめ乳がん関連本リスト


        人気ブログランキングに参加しています。
        ↓ココをクリックして、このブログの人気投票にご協力お願いします。


        JUGEMテーマ:がん全般
        | ハッピーキャロット | 乳癌闘病日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
        術後7年半後のマンモグラフィ再検査に、ひっかかってしまいました!!
        0
          今年6月にマンモグラフィ検査と腹部超音波検査にひっかかり、今月、半年ぶりに再検査を受けました。
          結果は、またひっかかってしまいました。(涙)

          腹部超音波でひっかかった部位は肝臓で、しこりがあったのですが、特に問題ないとの結果でほっとしました。でもマンモグラフィ検査にひっかかりました。
          手術していない側(右側)に見つかった数か所の石灰化が、急増していたのです。
          画像を見せてもらったところ、半年前は、ポツンポツンと数か所にあっただけなのに、今度は、星雲のようにいっぱいになっていました。
          結果を聞く前は、「ひっからなければいいなあ。石灰化があったとしても増えてなければいいなあ、全部消えていてくれたら、もっといいなあ」と期待していたのですが、大外れ。こんなに半年で増えるなんて……。ショックです。

          「まだ癌と決まったわけではない」との主治医の言葉に少し安心しつつ、マンモトーム生検を受けました。結果は一週間後です。

          マンモトーム生検の覚え書き

          マンモグラフィの結果をもとに、主治医がマジックでマークをつけてくださり、超音波検査で再確認しました。
          この超音波検査で確認が取れない場合は、マンモグラフィをしながら生検をする特別な検査となるとのことでしたが、
          確認できたようで超音波検査プラスマンモトーム生検となりました。

          色のついた消毒液をぬってからまずは麻酔注射。注射はチクっとしましたが、耐えられる痛みです。
          そして、ビニールをかぶせた超音波の器具をあてながら、部位を確定し、ブスっと大きな針を刺します。
          このときには、すでに麻酔がきいているので、ほとんど痛くはありません。
          私は痛いのが苦手だし、針を見るのも怖いので、目をそらしていました。

          そして、何回か針を押すような動作をして、最後は、「ガッチャン」という大きな音がして終わりです。
          針を刺した場所に大き目の絆創膏を貼ってもらい、注意事項(その日はお風呂やシャワーはNG,お酒もNG等)を聞いて終わりです。

          1時間くらいしたら麻酔が切れてくるとのことで、痛みを感じたら、タオル等でくるんだ保冷材等で冷やしてくださいとのことでした。

          生検を受けるのは7年ぶりで、どんな痛みだったか忘れていたので、心配でしたが、麻酔注射の痛みだけだったので、大丈夫でした。ただ、検査の1時間後に少し痛みが来ました。でも、我慢できるようなじんわりした痛みでした。

          検査に痛みを感じる人もいるようですが、痛い場合は、薬?の量を増やしてもらえるらしく、そう伝えればOKとのことです。検査の痛みよりも、白黒はっきりしたほうがいいので、検査は受けてよかったです。
          でも、1週間後の検査結果まで、落ち着かない日々を過ごすことになります。
          あーあ。年末で忙しい時期だけど、ゆっくり休んで気分展開したいです。


          JUGEMテーマ:乳がん・乳癌・乳ガン
          | ハッピーキャロット | がん検診 | comments(0) | trackbacks(0) |
          近いうちに乳がん克服のためのブログを更新します
          0
            ここ数カ月ブログの更新をさぼっていましたが、元気に暮らしています。近いうちにまた更新しようと思っています。

            JUGEMテーマ:乳がん・乳癌・乳ガン
            | ハッピーキャロット | 乳癌闘病日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
            本「がんは患者に聞け!」を読みました
            0
              闘病について考えようと思い、「がん」は患者に聞け!―有名人16人の全闘病記録という本を読んでみました。 乳がん患者だけではなく、いろいろながんの患者へのインタビューを集めた本です。人それぞれがんとの向き合い方や、アプローチの方法は違うけれど、気持ちの変化等共通する点もあるので、参考になりました。それに、頑張っている人について読むと、頑張る気持ちになれるのでよかったです。



              おすすめ乳がん関連本リスト


              人気ブログランキングに参加しています。
              ↓ココをクリックして、このブログの人気投票にご協力お願いします。


              JUGEMテーマ:がん全般
              | ハッピーキャロット | がん 関連本 | comments(0) | trackbacks(0) |
              術後七年目の検診結果
              0
                6月に、術後七年目の検診結果が出ました。残念ながらひっかかってしまいました。悲しい

                マンモグラフィー検診で手術していない側に石灰化が数か所見つかったのです。石灰化があると、乳がんの可能性があるので、半年後に再検診となりました。腹部超音波もひっかかり、こちらも半年後に再検診となりました。

                検診をクリアできず、がっかりして数日間はずいぶん落ち込みました。検診前は、ガンのことを考えない日のほうが多いくらいで、気持ちはガンからずいぶん遠ざかっていました。

                検診にひっかかり、ガンから逃げ切れていないかもという現実に引き戻されました。 「死」についても意識してしまいました。自分は後何年生きられるんだろう、と不安になりました。

                ただ、まだ再発や転移と決まったわけではないので、望みも持っています。
                それに、痛みもないので、自分のやりたいことが、まだまだたくさんできると思います。

                一度きりの人生に悔いのないように、人生で何をやりとげたいか、この機会によく考えてみたいと思います。



                おすすめ乳がん関連本リスト



                人気ブログランキングに参加しています。
                ↓ココをクリックして、このブログの人気投票にご協力お願いします。




                | ハッピーキャロット | がん検診 | comments(0) | trackbacks(0) |
                性格とがんの関係
                0
                  がんが発症するのは性格に関係があると言う人がいますが、本当でしょうか。最近読んだがんで不安なあなたへ―心のケアの道しるべという本に、関連情報が載っていました。(p87〜) 1996年にオランダの研究者が6つの性格と乳がんリスクとの関連を5年間追跡調査したところ、感情を抑える性格傾向と乳がん発症に弱い関連があると報告しました。

                  しかし、2008年に同グループが13年間追跡調査した結果、関連はないという結論が出たそうです。

                  日本では、東北大のグループが宮城県在住の3万277人の日本人を7年間追跡調査したところ、性格傾向とがんの発症との関係は見いだせなかったとのことです。

                  結論としては、性格傾向ががんの発症に関係するとは言えないとのことです。 この記述を読んで思ったのは、自分の性格のせいでがんが発症したのだと思わなくてよいということです。

                  何も根拠やデータがなくても、主観的に決めつけたような意見を言う人がいますが、そんな意見は気にしないでおこうと思います。

                  この本はいろいろ役立つことが書いてあるので、また何か役立つと思うことがあればこのブログで紹介していきます。



                  おすすめ乳がん関連本リスト


                  人気ブログランキングに参加しています。
                  ↓ココをクリックして、このブログの人気投票にご協力お願いします。


                  JUGEMテーマ:がん全般
                  | ハッピーキャロット | がん 関連本 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  乳癌術後7年目の検査を受けます
                  0
                    今月は、7年目の検査があります。検査の内容は、血液検査、尿検査、マンモーグラフィー、超音波検査(腹部も含む)、全身のCT検査等です。今年も骨シンチは受けません。主治医から、特に受けなくてもいいでしょうと言われたからです。

                    検査のある月は、いつもドキドキしてしまいます。

                    検査してから結果が出るまで約1週間あるので、その週は特に心配になります。なので、あまり心配しないで済むようできるだけ楽しい予定を入れます。友人とカラオケしたりお茶したり……。 今年は、友人とユニバーサルスタジオに行く予定です。検査の結果が気になりますが、久しぶりにユニバーサルスタジオで楽しんでこようと思います。

                    おすすめ乳がん関連本リスト


                    人気ブログランキングに参加しています。
                    ↓ココをクリックして、このブログの人気投票にご協力お願いします。



                    | ハッピーキャロット | 乳癌 検査 | comments(2) | trackbacks(0) |
                    身体の痛みは、ただの寝違いとわかり、ひと安心
                    0
                      身体のどこかに痛みがあると、つい再発や転移を疑ってしまいます。先日も、朝起きたら背中が痛くて、もしや転移かもと、とても心配になりました。

                      主治医から、腰痛等心配な症状が出たら、整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらうようにとアドバイスを受けていたことを思い出しました。それで、早速整形外科に行ってみました。

                      診察してもらった結果、寝違いによるねんざだったとわかり、ほっとしました。

                      これからも、少しでも何か症状があれば、すぐに診てもらおうと思います。

                      おすすめ乳がん関連本リスト


                      人気ブログランキングに参加しています。
                      ↓ココをクリックして、このブログの人気投票にご協力お願いします。


                      JUGEMテーマ:がん全般

                      | ハッピーキャロット | 乳癌闘病日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      がんのことを、恋人の打ち明けるタイミング
                      0
                        恋人に、いつ乳がんのことを打ち明ければいいか、考えています。今年のお正月から交際が始まり、まだ1か月弱なので、打ち明けるのは早い気がします。

                        自分ががんだと告げられたときは相当ショックだったし、家族ががんだとわかったときも、 ショックでした。だから、恋人も私ががんだとわかったらショックを受けると思います。 今すぐにでも命が亡くなってしまうのではないかと心配もするかもしれません。

                        再発、転移を心配して一緒に将来の夢を描けなくなってしまうのも嫌です。

                        でも、毎年の検査のときに、真っ先に良い結果を知らせたい相手も恋人です。

                        恋人に病気について話すかどうかというテーマで頭に浮かぶのは、1998年の韓国映画「八月のクリスマス」です。不治の病で自分の死期を悟った主人公の男性は、恋人に病気のことを告げません。それが彼の優しさだと思いますが、私が恋人だったら、告げてほしいと思います。

                        がん患者の皆さんは、いつ恋人に打ち明けましたか。それとも打ち明けないでおきますか。

                        がん患者の恋人だったら、打ち明けてほしいですか?

                        よかったらあなたの意見を聞かせてください。




                        おすすめ乳がん関連本リスト



                        人気ブログランキングに参加しています。

                        ↓ココをクリックして、このブログの人気投票にご協力お願いします。



                        JUGEMテーマ:がん全般


                        | ハッピーキャロット | 乳癌闘病日記 | comments(0) | trackbacks(0) |